おしりの奥の痛みを減らす筋膜ケア

こんにちは、筋膜気功整体の尾崎です。 :mrgreen:

前半は雑談です。「っだよ!雑談かよ! 😡 」と思った方は後半にメインテーマがあるのでご覧下さい。

 

僕は幼少期から違和感を感じていたことがあります。 🙁

それは、、、

 

ハッピーバースデートゥーユーの歌!

 

なんで英語やねん! 😮

ハッ!これはまさか、

 

「小さいころから英語に慣れてグローバルな社会に羽ばたきなさいね、英才教育万歳」 😈

 

という論理的な大人の情報操作ではないか!? 😥

 

と昔はよく思っていましたが、

 

どうでもよくなりました。 😀 

 

まあみんな幸せそうだしいいね 😉

 

という結論に至ったのですが、

日本人がなぜ歌いはじめたのか気になったのでグーグル先生に聞いてみました。 😐

 

ヤフー知恵ぶくろより、


この歌はギネスブックにも載るくらい、誰もがどこでも歌いますが、実際の起源は、1893年、アメリカはケンタッキー州、ルイズヴィルにて生まれました。当時学校の先生をしていた、パティー・ヒル、ミルドレッド・ヒル姉妹が、毎朝のクラスの挨拶用として作曲しました。その当時の歌詞は以下のようです。

Good morning to you,
Good morning to you,
Good morning, dear children,
Good morning to all.

現在我々が使っているヴァージョンは、1935年にプレストン・ウェア・オーレムの編曲でサミー・カンパニーが著作権を取っていますが、誰がどういう過程で、今日の『ハッピーバースデー』の歌詞にしたかは、100%定かではないそうです。


ネットで調べましたが、分かりませんでした。すみません。

この歌はアメリカで生まれましたが、謎が多いらしくて、
誕生した時期や作者は今なお不明だそうです。
1924年のソングブックに載っていたもので最古らしいです。

私が知ってるもので最も古いものは、
黒沢明の映画「生きる」で歌われていたものです。
1952年の映画です。

想像するに、戦後、アメリカの進駐軍の間で歌われ、
日本人によるアメリカ文化の模倣と吸収の過程の流れで
日本の家庭に広まったんじゃないでしょうか。


うーんすごすぎる! 😯

すさまじい知識をもった修羅が出てきました。 😈

 

結局なぜ日本で歌いはじめたのか不明っぽいですね。まあいいか。 :mrgreen:

本日5/18が誕生日の方、おめでとうございます! 🙂

 

はい!思いつきの雑談はここまででメインテーマはここからです。

 

「おしりの表面というよりは奥の方が痛くてたまらない」 😥

「仕事で座りっぱなしになっていると仕事終わりにおしりが痛い」 😥

 

というあなたへオススメのセルフケアがあります。↓ 🙂

 

如何でしたか? 😀

「なんで足の指なんか刺激するの?関係ないでしょ」 😡

と思うかもしれませんが、イメージとしては

筋肉や筋膜が全然動いていない箇所がある場合、

骨、関節ごと動きが悪くなります。 😥

 

というわけで今回は

ほぼ100%の方がこっている箇所を

あげてみました。 😛

 

変な話、僕が整体で腰痛を軽減させるときには

ほぼ足の指しか刺激しないこともあります。 😯

 

あと、毎回のように言っていますが

自分の体の良い変化に気付くのが一番重要なので

少しずつ自分の体に興味をもっていってくださいね。 😀

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です