退屈な会議をバレずに乗り切る眠気覚ましの方法

こんにちは、イライラ「ゼロ!」カラダの下地づくり専門家の尾崎です。 🙂

 

退屈な会議ってどんなイメージがありますか? 😥

 

・大人数

・一番しゃべりたい人の独壇場

・とりあえず感でダラダラ続けている

・興味のある事柄が何もない

 

などでしょうか。 😀

 

あなたは学校の授業中は集中して話を聞けましたか? 🙄

おそらく眠くなったと思うのです。 😥

 

何故眠くなるのでしょうね。 😮

 

ポイントは主体性だと思います。 💡

 

もしあなたが勉強に楽しさも必要性も感じなかったのであれば眠くなるのは必然ですよね。 😀

 

「あー何なんだこの時間、早く終わらないかな。。」 😥

 

と思う時間も多かったのではないですか。 😎

 

さらに大人数になればなるほど個々にあわせた授業や指導ってできないと僕は思うのです。 :mrgreen:

 

でも退屈な会議ってそういう要素を多く含んでますよね。 😯

 

大人数で、なぜそれをやる必要があるかの動機が弱くて、ただ資料を読んでいるだけ。。。 😥

 

個人的にはなぜこの会議をやる必要があるかを発足した人から新しい参加者などにしっかり伝えるべきだと思うのです。 👿

 

で、最低限のところは守った上で、毎回司会者を変えて自由にやらせるとか工夫が必要です。 😛

 

だから、学校にいるときにも生徒が先生になる時間などがもっとあってもよかったんじゃないかと今は思います。 😕

 

まあ、きっと現実的には会議に一応出ているだけで新しいシステムをいれようとは思わないですよね。 🙁

 

それくらい行動力ある人は独立起業しているようなイメージです。 😆

話がだいぶ膨らみましたが、あなたが会議中には一度もやったことがないであろう運動をお伝えします。↓ ※3分30秒あたりから実際のセルフケアです

 

 

如何でしたか? 😉

 

今思ったのですが、英語圏の方は日本語よりベロを使った発音がありそうなので日本より海外の方の方がベロはこっていないかもしれませんね。 😎

 

色々な眠気覚ましを試してみてきかなかったという方は是非試してみてくださいね。 😀

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です