通をうならせるアキレス腱炎改善方法、ランニング後の痛みにオススメ

こんにちは、イライラ「ゼロ!」カラダの下地づくり専門家の尾崎です。 🙂

 

ときどきお客様でこんな方がいらっしゃいます。 🙄

 

「健康の為に運動をはじめたら足首が痛くなってしまいました」 😥 

 

実は

口よりも体の方が正直で、

僕はそういう方の全身の筋肉に触れることで不調な場所がわかるのです。 😉

 

例えばランニングなどをしてからアキレス腱が痛む場合のポイントはおおよそ決まっています。 🙁

 

今回はアキレス腱周囲に痛みが出ているときに

治癒時間をだらだらと長くしている原因のひとつである筋肉についてお伝えします。↓ 😎

 

 

如何でしたか? 🙂

 

実は、

 

アキレス腱の痛みと外反母趾は深い関係があります。 😮

 

少し思い返してみてほしいのです。 🙄

動画でどの箇所をほぐしていたか。 😳

 

。。。

 

わかりましたか? 😀

外反母趾で出っ張る骨の部分ですよね。 🙂

 

骨の配列が変わっているということは、

そのまわりの筋肉の状態は普通ではありません。 😥

大体の場合は筋肉がこりかたまり、関節の動きを制限しているのです。 💡

 

関節の上で作られた強固な筋肉のコリ

 

これが関節痛の正体であることが多いです。 🙂

 

アキレス腱も同様です。 😯

足首の関節が踵にへばりついている強固なコリのせいで動かなくなっているのです。 😥

つまり踵まわりのコリをすべてとりきれば良いのですね。 😀

 

でも、注意点がひとつだけあって、

 

痛みが強い場合はその箇所をほぐしてはいけません。

 

そのときはさらに強固なコリができている隣の関節の上の筋肉をほぐしてほしいのです。 ❗

 

だから外反母趾の箇所なのです! 💡

 

僕はこの考え方が浸透するまで情報を発信し続けようと思っています。 🙂

よかったらあなたに応援してもらえるととても嬉しいです。 😀

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です