首は痛くないのに手が痺れる人向けの筋膜ケア

こんにちは、筋膜気功整体の尾崎です。 🙂

 

先日お客様から、

 

「ねちがいのときの首の痛みはとれたのですけど、手の違和感が消えません」 😥

 

というようなご相談を受けました。 😀

 

で、お話を聞きながら検査をしました。 😛

 

その場で首を動かしてもらっても痛みはほぼない。(後ろに倒したときに違和感は出る) 🙄

 

でも、指先が常に痺れている感じがある。 😮

 

とのことです。

 

筋膜気功整体ではまず痺れが強くなる動きを確認していきます。 😉

肩を色々な角度に上げてもらったり、

こちらの手を押し返してもらう形で抵抗をかけてみたり、

それでも何も問題がない場合は、

細かいコリに触れて痺れが増強するか確認していきます。 💡

 

もしあなたが同じ症状で辛いのならこちらのセルフケアを試してみてください。↓ 😀

 

 

如何でしたか? 🙂

 

手の痺れが強くなりそうなポイントは何か所かあるのですが、

今回はそのうちの1箇所、肘の関節のすき間のケアをお伝えしました。 🙄

 

肘をしっかり曲げた時に出る骨のまわりのくぼみが痺れが増強しやすいポイントになります。 😕

 

痺れが強くなりやすいポイントということは、その箇所の筋肉がさらにこると何もしなくても痺れが強くなるということなのです。 :mrgreen:

 

是非自分で痺れをとるのに挑戦してみてくださいね。

きっと今よりスッキリしますよ。 😀

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です