ストレッチをおこなわずに腰痛を早く改善する筋膜ケア

こんにちは、筋膜気功整体の尾崎です。 🙂

 

昨日は6回目の筋膜気功整体の体験会でした。 🙄

参加してくださった方々ありがとうございました。 😆

 

「イライラが減りました」 😮

という反応をした方もいらっしゃいました。

 

次回7回目は2017/7/11(火)を予定しております。

次回はプレ更年期用の整体についてもお話ししようと思っています。

 

あと、週末に山に行って適当に修行してきます。 😎

施術を受ける方は次回パワーアップした尾崎の施術をお楽しみに。 :mrgreen:

 

さて、今回のテーマは

ストレッチをせずに腰痛を早く改善する筋膜ケア

です。

 

今までの経験ですが、慢性腰痛で施術を受ける方の約半数が

 

柴犬さん
1年に1回ギックリ腰になります

 

ネコ姉さん
特に何も運動をしていないです

 

という話をされます。 😯

 

なぜ腰痛になりやすいかというと。。

 

腰回りの関節が動く頻度が日常生活に少なすぎる

 

からなのです。

 

基本的には腰の背骨(腰椎)や股関節などを

動かしている頻度が多い方は腰痛になりにくいです。 👿

 

ほとんどが同じ姿勢の維持によって腰痛になるのです。 😥

 

腰痛の方の施術前によく聞かれることがあります。

 

「運動する為にもっと歩いた方がいいんですかね?」

 

これに関しては、こう答えています。

 

洋平
そうですね、でも腰痛が出た段階で関節近くの筋肉は動きにくくなっています。歩く以上に関節を多く動かすアプローチをした方がはやく改善されます

 

柴犬さん
歩く以上に関節を多く動かすアプローチって何ですか?

 

洋平
この整体もそうですが、手で関節を細かく多く動かすということです

 

柴犬さん
ふーん!?

 

大抵の方はうなづいてくれますが、ご自身ではまだ体感していません。 🙄 

例えばこんな箇所が腰痛に関係しています。↓

 

 

如何でしたか? 😀

 

先ほど、

 

「歩いたほうがいいんですか?」 😯 

 

という質問がありましたが、歩いてもほとんど動かない関節

足の指の第1関節なのです。 😛

 

イメージとしては、

足の指の関節が動かない

足首の関節が動かない

膝関節が動かない

股関節が動かない

骨盤や背骨が動かない

 腰痛発生

 

というような段階を経ています。 😥

なので体のすべての関節がスムーズに動いているのなら

関節痛はほぼ起こりません。 😀

 

日ごろから色々な関節をさわってケアしてみてくださいね。 🙂

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です