閃輝暗点の原因と実績のあるセルフケア

閃輝暗点の症状とは

閃輝暗点には特徴的な症状があります。

「ギザギザした幾何学模様がチカチカと点滅しながら視界に現れる」

というものです。

視界が異常な状態になる為、平衡感覚が狂い、ふらつきやめまいなどの症状も併発することがあります。

 

閃輝暗点の原因

閃輝暗点は脳の血管が収縮することによって正常に脳の機能が働かない為に起こると言われています。

閃輝暗点は視界に異常が起きることから目の症状と思われがちですが、主には視覚情報をつかさどる脳の後頭部(後頭葉)に異常が起きたときに起こります。

もともと片頭痛の症状を持っている方が閃輝暗点の症状も訴えるケースが多いです。

 

閃輝暗点の治療方法

一般的には頭痛と同様の治療がおこなわれています。

・頭痛薬、めまい止め、吐き気止めなどの投薬治療

・安静にする

 

閃輝暗点の体験談

私も過去に閃輝暗点の症状に悩まされていたことがありました。

私は整体師になる前にはシステムエンジニアをしており、日々パソコンと長時間向き合う日々でした。

ある日仕事中にいつものように頭痛が出てきました。

 

(また頭痛が出てきたな・・・)

(いつも通り安静にしていれば収まるだろう)

(?視界がなんか変だ、目の焦点が合わない、疲れ目かな・・)

(??片目だけ何か目からジェル状の液体が出たような視界になったな??)

(これはまずいな、このまま目が見えなくなったら、、、)

(ひとまず片目は大丈夫だから早退してすぐに眼科に行こう)

 

そして眼科に移動後

 

(あれ?さっきより普通の視界になってきたな、でも怖いので見てもらおう)

 

尾崎「1時間前くらいに視界がかすむというかぼやけるというか片目だけ変な状態になったのです」

眼科の先生「検査してみますね。。。眼には特に異常ないですね。とりあえず点眼液を出しておきますね」

尾崎「わかりました(うーんうまく説明できなかった気がするな)」

 

閃輝暗点の厄介なところは他人にうまく症状を説明できないことです。

眼の症状だと思って眼科にいっても特に問題がないと言われてしまう可能性も高いです。

当時はここまでインターネットに情報が多くあったわけでもなかったことも関連しています。

 

私は数種類の薬を飲みましたが、特に症状は改善しませんでした。

騙しだまし閃輝暗点と付き合う日々が続きましたが、ある日、私はあることをするだけで閃輝暗点の症状が改善することに気付きました。

 

実績のある閃輝暗点改善方法

これから私が伝えるセルフケアは閃輝暗点の他にこのような症状に効きます。

 

・仕事が忙しくなると頭痛が出る

・血流がよくなったときにズキズキする頭痛に悩まされている

・湯船に長くつかったりサウナに入ると頭痛が出る

・外出中など日を浴び続けると頭痛が出る

・眼精疲労がかなりあると感じている

・重度の肩こりを持っている

 

なぜ私が閃輝暗点と関連するこのような症状が改善できると言い切れるかというと、

これらの症状はすべて私が過去に悩まされていたもので、”薬を一切飲まずにすべて改善することができた”からです。

 

あなたに思いだして欲しいことがひとつだけあります。

 

「あなたが子供のころ、今と同じ頭痛や閃輝暗点に悩まされていましたか?」

 

きっと「子供のころは同じ症状はなかった」と言うと思います。

これはとても重要なことです。

もしそうなら、閃輝暗点の解消に向けてやることはひとつです。

 

あなたの体の状態を子供のころの状態に近づける

 

理論としてはこれだけで閃輝暗点の症状は改善します。

 

閃輝暗点と腰痛の共通点とは

ここからは整体師としての話をします。

閃輝暗点以外にあなたが日常感じている体の不調はどんなものがありますか?

腰痛や肩こり、便秘や不眠、膝の痛みなどもあるかもしれません。

私は整形外科で5000人以上の改善実績を積んだ実績からこれらに共通する要因を発見しました。

それは、、

 

不調が起きている箇所の細胞に元気がない

 

ということです。

つまり、

 

不調が起きている箇所に栄養が行きわたっていない為、治るのが遅れている

 

ということです。

慢性的な不調を改善する為には

 

不調が起きている箇所に常に栄養を行きわたらせる

 

ことが重要です。

「不調が起きている箇所に常に栄養を行きわたらせるってどういう状態?」

簡単にいうと、

 

”栄養を運んでいる血流をよくする”

 

これだけです。

例えば湯船にゆっくりつかると血流がよくなりますよね?

湯船につかっていなくてもあの状態を維持できれば慢性的な不調はどんどん改善していきます。

 

そして血流改善に大きくかかわっているのが筋肉です。

筋肉が最大限に動かせる状態を維持することで慢性的な不調は改善します。

閃輝暗点も同様です。

 

閃輝暗点に関連する筋肉とは

最初に閃輝暗点には脳が正常に機能していない状態が続くと出やすくなるとお伝えしました。

脳の近くの筋肉を柔らかくすることで脳に栄養が行きわたりやすくなり、閃輝暗点が改善傾向になります。

そして、閃輝暗点や頭痛で悩んでいる方の頭の筋肉はほぼ100%こっていることが私の経験でわかっています。

しかも、多くの人が自分の頭の筋肉がこっていることに気付いていません。

これは大きな問題です。

ちなみに該当する頭の筋肉名は前頭筋、側頭筋、後頭筋、耳介筋などです。

 

閃輝暗点を改善するセルフケア動画

では閃輝暗点を改善する為に実際に頭の筋肉をほぐす方法をお伝えします。

私の長年の経験から頭の筋肉のコリが溜まる箇所は大小あれど全員同じだということがわかっています。

ではご覧ください。

 

 

如何でしたか。

この骨をこするセルフ整体を応用するとあなたが今悩んでいるほとんどの慢性痛を改善できるようになります。

是非続けてみてください。

 

 

 

【!注意点!】

長時間同じポイントを刺激し続けないでください。

筋肉や皮膚が強く傷んでしまう可能性があります。

また、セルフケア後は今まで行きわたっていなかった箇所に栄養が行きわたる為、体が変化する際に以下のような反応が出ることがあります。

・頭がフワフワする

・頭痛が少し強くなる

・酔っ払いやすくなる

・眠くなる

・首から上がいつもより熱く感じる

・一気に疲れが出る

この反応は数時間から2日ほどでなくなっていきます。

普段と違う反応が出た場合は体が変化していると思ってゆったりと過ごしてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です